Multipurpose WordPress themes

Nunc sed lorem pretium, volutpat tortor id, adipiscing sem. Sed bibendum quis augue nec porta. Ut molestie tortor pulvinar, faucibus justo vitae, interdum nunc. Vestibulum imperdiet nisl vel condimentum faucibus.

Read More

High lavel Customization

Nunc sed lorem pretium, volutpat tortor id, adipiscing sem. Sed bibendum quis augue nec porta. Ut molestie tortor pulvinar, faucibus justo vitae, interdum nunc. Vestibulum imperdiet nisl vel condimentum faucibus.

Read More

User Friendly Theme Options

Nunc sed lorem pretium, volutpat tortor id, adipiscing sem. Sed bibendum quis augue nec porta. Ut molestie tortor pulvinar, faucibus justo vitae, interdum nunc. Vestibulum imperdiet nisl vel condimentum faucibus.

Read More

Theme Featured1

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Quisque augue eros, sit amet, consectetur adipiscing posuere elit.

Theme Featured2

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Quisque augue eros, sit amet, consectetur adipiscing posuere elit.

Theme Featured3

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Quisque augue eros, sit amet, consectetur adipiscing posuere elit.

Welcome to Our Website

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer sodales suscipit tellus, ut tristique neque suscipit a. Mauris tristique lacus quis leo imperdiet sed pulvinar dui fermentum. Aenean sit amet diam non tortor sagittis varius. Aenean at lorem nulla, sit amet interdum nibh. Mauris sit amet dictum turpis. Sed ut sapien magna. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Aliquam gravida odio nec dui ornare tempus elementum lectus rhoncus. Suspendisse lobortis pellentesque orci, in sodales nisi pretium sit amet. Aenean vulputate, odio non euismod eleifend, magna nisl elementum lorem, ac venenatis nunc erat et metus. Nulla volutpat, urna eu congue venenatis, tellus odio hendrerit nibh, in commodo velit leo a ligula. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae aenean sit amet diam non tortor sagittis varius. Aenean at lorem nulla, sit amet interdum nibh. Mauris sit amet dictum turpis.

今の五反田の風俗の状況を踏まえて昔からの進化を見つめ直してみよう

■利用している東京都品川区東五反田の風俗のことを知るというのは大事なこと
利用しているもののことをよく知ろうとすることはとても大切なことで、何においてもそうなのですが、よく知らないものを利用しているというのはなんだか気味が悪い気持ちになりますし、たまに不安になることがあります。そういった不安や気味悪さをなくすためにはそのものについてのことを学ぶ必要があるのです。

五反田の風俗店は、どれだけ利用していても、魅力を知っていたとしても「裏ではヤの付く人と繋がっている」だのなんだの怖い噂が散々蔓延していたり、そういった噂の絶えないアンダーグラウンドな世界であることに変わりがないので、その風俗店について学ぶというのは特に大切なわけです。

■五反田の風俗店の定義
五反田の風俗店の定義とは、一般的には性的サービスを提供する店のことで、性風俗店のことを指します。法律の上で性風俗関連特殊営業に大別されている店を指すのです。

■「五反田の風俗店」という名前はどこから来ている?
もともと「風俗」という言葉は性的なことや風俗店のことを指すのではなく、人々の日常生活の上で見ることができる風習や慣わしなどの事を指すのです。そういった「風俗」に影響を与えるのではないかという風に判断された営業が「風俗営業」として扱われるようになりました。

意外なことにダンスや麻雀などもこれのうちです。こういった風俗営業をしているお店は「風俗営業」として都道府県の公安委員会というところに風俗営業の届出を提出する必要があります。ノーパン喫茶やテレクラなど、性風俗が多様化していく中で性風俗営業の店のことを「風俗店」と呼ぶようになり、一般的に定着しました。

もともとはダンスや麻雀などのことだったのです。法律上では、風俗営業等の規制及び業務の適正化などに関する法律(いわゆる風適法)で性風俗関連特殊営業の枠内に含まれる業態・業種・お店、キャバクラやセクシーパブやピンサロのような風俗営業に部類されるお店だったり、ナイトクラブやパチンコ店、ゲームセンターも風俗営業とされているのです。

■立地
風俗店の歴史は江戸時代にまでさかのぼり、城下町からちょっと外れたところや街道沿いの宿場町(宿がたくさん集まっているところ)に遊郭(現在でいうところの風俗店)が設置されて、お偉いさんによて制限された地域にだけ立地することが許されました。

そして戦後になって、赤線地帯と呼ばれる、GHQによって1946年に出された公娼廃止指令から1958年に売春防止法が施行されるまでの間公認で売春が行われていた地域だけに営業することが許されました。今となっては、官公庁施設や学校・図書館・児童福祉施設から半径200m以上離れているところであればどこでも経営することができ、これについては風適法の第28条で説明されています。

しかし、現在でもだいたい限られたところにしか立っておらず、飲み屋が集中している歓楽街の中や、その近く、江戸時代の名残で宿が多いところや温泉街に立地していることが多いです。

■歴史
日本の性風俗に関する歴史をかいつまんで順を追って説明していきます。まず江戸時代の遊郭に始まり、それまで風俗遊びというのは安定していました。しかし、戦後になるとGHQによって昭和21年に「公娼廃止に関する覚書」というのが発令され、娼婦(今で言うところの風俗嬢)を取り締まるという名目で風俗店の営業を赤線地帯にのみ許すことになりました。

昭和22年、吉原の女性たちが「新吉原保険組合」というのを設立しました。この年「日本国憲法」を政府が制定し、昭和23年には「風俗営業取締法」を公布するにいたり、9月にそれは施行されました。昭和24年には娼婦の増加によって性病が蔓延していったので、東京都は売春取締条例を発令しました。

そして昭和26年には許斐氏利によって東京の銀座に「東京温泉」が開業されました、日本初のトルコ風呂で、日本の風俗店の原型となりました。これは海外の蒸し風呂に感動してそれを真似ながらも日本らしさを取り入れて作られたもので、最初は女の子による接客というのはあくまでもオプションのような扱いでメインはサウナでした。

昭和37年にはパンマと呼ばれるマッサージ師による売春が流行しました。これは今で言うところの性感マッサージにあたるのでしょうね。昭和41年には風俗営業取締法改正によってトルコ風呂を「個室付き浴場(サウナ)」として許可を出し、その約10年後の昭和52年には売春関係の事件を全国一斉取締をして700名以上の検挙をしました。

昭和53年にはノーパン喫茶が誕生し、その二年後にはラブホテルを利用したホテトルやマンションを利用したマントルが急増、デートクラブ・ビニ本・裏本などが流行しました。昭和56年にはのぞき部屋、トップレスヘルスなどの風俗店が出現し、昭和57年には素人の売春行為が流行って「愛人バンク」という売春システムなども存在していました。

昭和60年にトルコ風呂がソープランドに名前を変え、現在でもその名前は受け継がれています。昭和62年には個室ヘルスが流行し、平成に入ると女子中高生によるデートクラブの増加が起こり、社会問題となってイメクラなどでの援助交際がブームとなるなど、風俗は中高生による援助交際に利用されました。

■さいごに
風俗店についての勉強は以上で終わりです。いかがでしたか?風俗店について理解が深まったところで、これからも風俗店を楽しく利用しましょうね。